スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC シナンジュ Dモード その8

いやぁ・・・お久しぶりの更新です(;´∀`)

なんか、仲良かった友人がいきなり音信不通になったり、ロボノを毎日夜遅くまでプレイして寝不足だったりして、ずっとプラモを触る気力がなかったです。

ようやくロボノをクリアし、いろいろ創作意欲も復活してきたのでシナンジュの続き。


37_20120717184516.jpg

殆ど変わってねぇよwwww

まぁ、珍しいこちら側からのショットってことで。

38_20120717184516.jpg

何を触ったかと言うと、肩周りです。
跳ね上がってる部分をタガネで切り離し、フレーム的な部分に少し手を加えればこんな感じにせり出したような形に出来ます。
跳ね上がってる部分の中は、ダボをくり貫いて小さいスラスターを仕込みます。
それだけでは丸見えなんで、シリンダー的なものを仕込ませられればいいんですけどね。

で、丸見えの受け部分。
案外フレームっぽく見えるので、このまま塗り分けてしまおうと思ってますwww
大丈夫・・・やんね?w

上腕を切り分けてないですが、だいぶと雰囲気はつかめるようになってきたかと。


で、シナンジュの作業再開したのはいいんですが、ロボノに出てくるガンヴァレル作りたいんですよね!!!

013_20120717185440.jpg

こいつ!
画像はこっそり拝借・・・(;´∀`)

いやぁ・・・ロボノをプレイした人は漏れなく好きになってるはず!!
プラモ化されそうですがそれより前に立体化してみたい!!

もうトライされてる人も居そうですけどね。

で、普通に作ってしまうのは面白くないので、頭部は初回限定版についていたガンヴァレル頭部型プラグマスコットを使えるようにしたいな!と。
流用できたら一石二鳥って考えなのは秘密ですw

設定画見てたりすると、HGドラドを素体に改造していけそうなので、とりあえずその方向で探っていこうと思ってます。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ





久しぶりにMHFするにあたって、PC版に移ろうかなと思ってたりw
スポンサーサイト

HGUC シナンジュ Dモード その7

僕の王の力がぁぁぁぁあああ!!!

いやぁ・・・シナンジュの作業しながら観てたギルティクラウンを最終話まで観終えました。
が、なんか不完全燃焼(´・ω・`)

キャラデザとか中の人とか世界観とか好きだったんですけどね。
なんかな・・・。

ま、あまり言わないでおきます。


で!

これ!!

01_20120706181529.jpg

散々悩んだ結果、壽屋のラインバレル買いました!
そしてさっそく組みましたw

パチ組みでここまで色分けされてるとかすごい!
顔も最初から目が塗装してあってびっくりしました(;´∀`)

初めての壽屋製キットだったんですが、触った感じとかバンダイのキットとはいろいろ違いますね。
なんか、硬いって印象がありました。

ゲート処理するとき、際を切るとバンダイの物より抉れてしまう感じで、少し難儀しました。
組立説明書は超シンプルやし、L時のダボがあったりして新鮮でしたw

それにしてもS字立ちが似合う!
シリーズ揃えてみたいですけど、もう入手困難なんですよね・・・。
スロットで話題再燃して、再生産されませんかね(;´Д`)

ヴァーダントが一番好きなんですけど、ラインバレル以上に値段が釣り上がってるのです・・・。
城崎天児Ver.のラインバレルとか来ませんかね、どうですか壽屋さん?

ラインバレル組む間アニメ版を観ようと思ったんですが、やっぱり我慢ならず1話だけでぶっぱしてしまいましたww
どうしてああなってしまった・・・。
作り直してくれんかな・・・。


02_20120706181529.jpg

ついでに、シナンジュと並べてみた。
シナンジュの脚が伸びてるとはいえ、この身長差ですよwww
シナンジュ=22.6m、ラインバレル=21mだというのに。

やっぱりシナンジュはでかめに作られてるんですかね(;´∀`)


そんな訳で本題。

35_20120706181530.jpg

腕触りました。

エングレービングとの境目あたりで切り離し、外装より2周りぐらい小さめに切り出したプラ板で2ミリ延長。
さらに外側を覆うようなパーツを浮かせています。

今は、甘く噛ませてるだけなので、差し込む板をプラ板で延長して浮くようにしようと思ってます。

36_20120706181530.jpg

横から見るとこんな感じ。

エポパテがべちゃっとついてて汚いですが・・・。
パーツの境目がずれたことで、肉抜き見たいなのが出て来たので、それを埋めてます。
完全硬化後整形する。

腕に関しては、あとは上腕を太ももと同じような感じで分割するのが残ってます。

ちまちま進んでいきます。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ




HGUC シナンジュ Dモード その6

はぁい!「TIGER&BUNNY」の映画化を知ってから一気に観たほう、katsuです!

・・・なんとも中途半端な(;´∀`)

ついこの前やっとタイバニを一気観して、すっかりハマってしまいましたw
で、MGFワイルドタイガーを買ってみたww

01_20120703185258.jpg

まだパチ組み途中ですけど(;´∀`)
手を加える部分は殆どないですが、合わせ目を消してしまいたい部分とかはあるので、それはシナンジュDモードとかMGシナンジュとか終わってからですねw

普段ガンプラ、プラモデルを触らない層を意識してか、組立説明書も少し親切仕様ですし「BODY」とかのフォントもタイバニのロゴのフォントに合わせてて凝ってました。
他のMGFもそんな感じなんですかね?

そして案外でかくてびっくり。
他のタイバニ関連のフィギュアとかを持ってないので最初は違和感無かったんですが、たまたま可動フィギュアとの比較画像を見かけてびっくりしましたw

この画像、マミさんがおじさんのお尻眺めてるみたいww


で、本題のシナンジュですよww

34_20120703185257.jpg

現状こんな感じ。
また左脚つま先と太ももの加工そろえるの忘れてた(;´∀`)

画面に顔を近づけて凝視すると、ツインアイになってるのが確認できます。


33_20120703185258.jpg

まだ全然綺麗に整形できてませんが、最終的にアウトラインとしてはこういう形になりました。
うん。
Iフィールド発生装置のチラ見え具合はこれぐらいでいいですね。
今は瞬着でごまかしてるだけなので、きちんと裏のフレームを作って繋げたいと思います。

さぁ、次は腕ですかね。
腕→腰周り→肩周り→胴体→バックパック
ぐらいの感じでいければいいんですけど・・・。
すでに胴が思っていた以上に複雑な作業が必要そうなのがわかってるので、気が重い。
幅を広げるために、腕の接続基部を一緒に動かさないといけないのです。

ま、頑張るしかないよね。
今月中に塗装に持っていければベストですけど。
どうなるやら。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ




HGUC シナンジュ Dモード その5

昨日触ってたシールドの続き。

ユニコーンのシールドが、伸びてサイコフレームのハネが出てくるのにあわせて、シナンジュのシールドで伸ばせそうなとこ、せり出せそうなとこを考えた結果こうなりました。

IMGP1473.jpg

この間に噛んでるラムネ見たいなのはIフィールド発生装置のつもり(;´∀`)
ただ、穴を開けて黒パーツのダボで固定してるだけなので、噛みあわせとかがいまいち・・・。
これでは下半分との間も開きすぎなので、もう少し「スライドしてずれたら出てきた」感を出すために下パーツが被さるようにしたいと思ってます。


IMGP1472.jpg

発生装置こんなん。
10ミリの市販パーツを芯に裏に16ミリ直径に切り出したプラ板を貼り付けポリパテを盛って削りだしました。
タミヤのパテが殆どなかったので、久しぶりにロックパテのポリパテ触ったw

最終的に、これの真ん中に3ミリの穴を開けてダボを通してます。


IMGP1470.jpg

上半分。

左右でビフォーアフター状態w
タガネで切り離し、プラ板貼って飛び出させました。
プラ板部分がサイコフレームです。

IMGP1471.jpg

裏から。

サイコフレームどこから出てきてんなwwwって話ですが(;^ω^)
細くなってる部分のフレームが作業上なくなってしまったので、後々頑張ってそれっぽく復元します。

塗装するときは頑張ってある程度塗り分けないとですね・・・。
マスキングめんどくさそう・・・(´・ω・`)

加工精度とかは言ってられなくなってきそう。
最終的に塗装してそれっぽくなればいいかなと思ってます。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HGUC シナンジュ Dモード その4

もっとガーッと作業進められたらいいんですけどね・・・。

改造スキルが足りないのと、行き当たりばったりでやってるので時間が掛かる(;´∀`)

とりあえず、脚部のサイコフレームのディテールを除いた改造があらかた終わりました。

27_20120629174559.jpg

ハムストリング断裂w
ユニコーンは上下に割れますが、シナンジュは前後で。
これ以上脚を長くしてもバランス崩れるだけですしね・・・。

28_20120629174559.jpg

下から見るとこんな感じ。
今はダボを甘く挿してるだけなので、切り出した側にプラ板を使ってサイコフレームディテ作ります。

29_20120629174558.jpg

あと、アキレス腱のとこの小羽。
一度接続ピンを切り落とし、パテを噛ませて角度を変えました。

雰囲気でやったんですけど・・・30度ぐらい?

30_20120629174558.jpg

装着するとこんな感じ。
比較画像がないのですが、元はピタッとフレームに沿う感じだったので、だいぶ跳ね上がったかと思います。

で、これで後ろから見るとスカスカ感がすごいことになってしまったので、エバグリのプラ板貼るか何か考えます。
しいたけディテ作れればかっこいいんですけどね、やったことがない・・・。
ちょっと練習してみて、出来そうならそれでw
無理そうならエバグリ貼っておきますww

これで脚部の基本工作終わり。
(実は左脚のつま先と太ももがまだですけど・・・)


で、次に手を入れやすそうなシールドへ。

31_20120629174557.jpg

これをエングレービングパーツとの境で切り分けて・・・

32_20120629174557.jpg

こうしました!

黒パーツのくびれている部分にちょうどIフィールド発生装置的な大型マルイチを仕込めそうなスペースがあるので、そこにIフィールド発生装置を仕込みたいと思います。
が!
その大型マルイチどうしようかな・・・(;・∀・)
正面から見てパーツ覗くようにしようとすると、1.5cmぐらいの大きさが欲しい。

そんなサイズの市販パーツあるのか?!
自作・・・は色々と大変そう。
ないなら作るしかないんですが・・・。

今度ヨドバシ行った時に探してみよう。

切り欠いたことで裏のフレームもズタボロなので、延長復元して2つのパーツを固定出来るようにしないと・・・。
思っていた以上にめんどくさいww


まぁ、Dモード作るってのが修羅の道ですしね・・・w
頑張りますw

ニコ動で「野生のアストナージ」タグを付けてもらうためにも!!


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。