スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HG ドム・トルーパー その4

ハイネ専用ドムトルーパーの塗装が終わりました!!

行程が多くて疲れた。
そして、ツールウォッシャーの消費量がハンパない・・・。

思ってたよりも眩しいオレンジになった気もしますが、まぁ発色いいしよしとしよう。


淡オレンジ。

ま、眩しい!
結構白足したんですけど、思ってた以上に眩しい感じになりました。

【明オレンジ】
ピュアオレンジ(G)+蛍光ピンク(G)+ファンデーションホワイト少量

黒。

グレーを濃くしてしまったので、ほぼ黒で塗りました。
が、指定色を後から確認してみたら、黒100%だったんですねw

【黒】
カーボンブラックマット+ファンデーションホワイト微量

赤。

何故か色の乗りが悪かった赤。
4回ぐらい重ねてやっと思ったレベルの発色になりました。

【赤】
ブライトレッド+蛍光ピンク(G)

暗オレンジ。

実物はちょっと汚い感じの色になってしまった・・・。
ちゃんとゼロから調色すればよかったかも。

【暗オレンジ】
上記「明オレンジ」+カーボンブラックマット少量


それぞれの色はこんな感じ。

正面。

まだスミ入れしてませんが、組んでみた。
なんというジャイアンツカラーwwwww

顔アップ。

胸部バルカンは初のメタルパーツなんですが、きれいに付けれなかった・・・。
難しいですね。

ブレイズドムトルーパー。

説明書にあった通りに無改造でウィザード換装できます。
このブレイズはパチ組みですが・・・。

精神的、肉体的余裕があるときにきっちり塗装したいと思います。


またスミ入れ、デカール貼りが終わったらきっちり撮影し直したいと思います。



ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ
スポンサーサイト

HG ドム・トルーパー その3

紅蓮が完成したので、ドムの塗装に入りました。

まぁ、紅蓮と一緒にサフ吹いてたので、作業自体はだいぶと楽です。


なんか、ちょいちょい塗料がなくなってきてるので、追加しないとダメですね。


グリーン。

緑系使ったのは初めてかもしれないw
ブリリアントグリーン持ってたんですけどね。
使った記憶ないのに、少し溶剤が揮発しててドロドロになってました・・・。

【グリーン】
ブリリアントグリーン+レモンイエロー+ファンデーションホワイト微量

グレー。

「もうちょっと濃く・・・もうちょっと濃く」って黒を足していったら、逆に濃くしすぎた・・・orz
ま、でもこれぐらいの濃さのグレー好きなのでよしとしときます。

おそらく、もう少し濃い黒の部分と合わせた時に色差がなくて泣きそうになるんだとは思いますが・・・。

【グレー】
ファンデーショングレー+カーボンブラックマット+ピュアブラック

今回はこの2色だけ。
グリーンの部分にマスキングするのが辛過ぎた・・・。
1時間ぐらい作業に掛かった気がする。

デカール貼りで3時間とかは余裕なのに、マスキングは30分も耐えれない。
今回のドムは塗り分け多いからマスキングも必然的に多い。

塗装の行程もなんか多い。
今日塗装始める前にどういう順序で塗装するか考えたらえらいことになってた。

メタリックピンク(モノアイ部分)→グリーン→グレー(薄)→白(下地)→オレンジ(淡)→グレー(濃)→白(下地)→赤→オレンジ(濃)

なんだこれめんどくせぇ!

これでブレイズウィザードは入ってないんだぜ・・・。

まぁ頑張ります。


早くプロトストライク作りたいしね!



ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HG ドム・トルーパー その2

ハイネ専用ドム・トルーパーの塗装案考えました。

ハイネ専用ドム・トルーパー塗装案。

ハイネ専用ザクの画像とシャア専用リックドムの画像を睨めっこしながら、拾ってきた設定資料に色を付けてみた。

こんな感じでしょうでしょうかね。

腰周りとか前腕の追加装甲みたいなのも本当は本体と同じ色なんですけど、それだとザクの胸部色が行き場を無くすので、こういった配色にしました。

バーニア内部はザクのバーニアに合わせてライトグリーンに。

イージーウィザードは一般機と共通だと思うので、指定色通りにバーニアは赤に。
後々作るつもりのウィザードも同じ解釈で基本的に指定色で塗装するつもりです。

地味に使う色多いし、腹部とかは一体形成なので、塗り分けめんどくさそう・・・。
マスキング作業大嫌いなんですよね・・・。

まぁ、そこでガラッと出来栄えが変わるのでがんばります。


あと、ふくらはぎはもう接着諦めました。
たぶん。

気力があれば頑張るかもですが・・・。



ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HG ドム・トルーパー その1

最近、おれの影響か、ガンプラを作り始めた友人がやたらとドムを推してきますwww

ガンダム系はどうもごちゃごちゃしてて気に入らんらしく、彼の中では作るならザクかグフかドムらしいです。

で、彼の3作目が「ドム・トルーパー」に決まったらしく、一緒にキットをヨドバシに買いに行くことに。
種系のキットもそこそこ古いので、もう無いかもねーなんて話をしてたら残り2個。

これも何かの運命ってことで、お互いに1つずつ作ることにしましたww

HG ドム・トルーパー

この系統のイラストをパッケージに使われてる限りはおれはパケ買いし続けてしまうんやと思うwwww

まぁ、HGなんでさっくり作っちゃうつもりだったんですが・・・


ウィザード換装が出来るだと?!?!

その一文にまんまと乗せられて、こいつのウィザードをコンプしたい欲が沸々と・・・。
ってなわけで、ガナーウィザードとブレイズウィザードも用意します。
(まだキットは買ってきてないですが)

それと、折角なので塗装もしよう。

ルナマリア専用機にするか、ハイネ専用機にするか悩みましたが、うつらうつらしてたらなんか西川兄貴の顔が思い浮かんだので、ハイネ専用機にすることにしましたww

ハイネ専用ザク。

この色ね。
どういう配色でドムに落とし込むかはまだ決めてませんが、ギレンの野望に出てくるリックドムとかのカラーバリエーションの配色を参考にしようかな?とは思ってます。


で、簡単な表面処理と仮組みまで終わらせました。

仮組みドム・トルーパー。

こんな感じ。

表面処理。

ランナーからパーツを切り離す前にサフ500を吹いて、400番のペーパーでこすってます。

パーツ構成を考えなくても後ハメできる部分は接着済みです。

胸部後ハメ。

胸部の後ハメはこんな感じ。
赤丸部分は、パーツ下側の軸周りをエッチングノコで切り離した後、ピンをごっそり切り落としてます。
緑丸はその切り離した軸を挟み込んだのと、背中側のピンを飛ばしてあります。

これで、上から襟のブロックが差し込めます。
結構スカスカになるので、本組みの時は瞬間接着剤で接着してしまうかもしれません。

頭。

頭部は黒パーツの継ぎ目を消したのと、全体的な面出し。
頬のダクト部分を気持ち周りよりも低く見えるように外側で薄く削ったぐらい。
顔の十字パーツとトサカの接合部分は段落ちモールドを削りなおしました。

ドムの後頭部は長くなってる方が個人的には好きなんですが、今回は見送りました。


あとは、ふくらはぎの合わせ目をどうやって消すかが問題ですね・・・。
考えられるのは、膝の関節ブロックを塗装してしまって、マスキングしてから組み込み、合わせ目消しをする。
ってな感じでしょうか。
もう少し考えてみます。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。