スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メカニックコレクション 紅蓮弐式 その4

メカニックコレクション 紅蓮弐式 完成しました!

紅蓮弐式完成。



ギャラリーページはこちら。
http://www.geocities.jp/katsu_destiny515/gallery/gren-type02.html
スポンサーサイト

メカニックコレクション 紅蓮弐式 その3

紅蓮の塗装終わりました!

なんとか作業できる時間内に収まってよかった。

まだスミ入れとトップコート終わってませんが。


だいぶ赤い感じになりました。
紅蓮の名に恥じない感じになったかはわかりませんが。


マルーン。

マルーンというか、ワインレッドというか、ちょっと濃くなってる部分。
画像ではわかりにくいですが、結構暗めにしました。

【マルーン】
マルーン+クリアーパープル(G)+ピュアブラック微量

イエロー。

コックピット周りの黄色い部分。
実際はもっとオレンジに近い山吹色にしてあります。

【イエロー】
ディープイエロー+クリアーオレンジ+ピュアオレンジ(G)微量

シルバー。

右腕パーツ。
あまり必要以上にメタリックな感じにしたくなかったので、純粋なシルバーにはしませんでした。

実物はそこそこキラキラしてますw
画像ではわかりませんが(なんかこんな言い訳みたいな文言多い・・・)

【シルバー】
シルバー(C)+ファンデーショングレー

グレー。

関節とかの色ですね。
昔に作ったグレーにちょっとずつ足したので、正確なレシピが不明ですが・・・。

【グレー】
ファンデーショングレー+カーボンブラックマット+スーパーディープブルー
(で合ってるはず)

紅蓮仮組み。

後ろにごちゃごちゃ写っててすいません。
トップコートまで終わったら背景に白画用紙置いて撮影しなおしますので・・・。

赤とマルーンの色差がわかりにくいですね。
十手の塗り分けがめんどくさかった・・・。

手と十手が一体で作られてるので、あの小ささで4色塗り分け。
ちまちまマスキング頑張りました。

今回、一番頑張ったのはエッジ出しでしょうか。
胸部と肩がわかりやすいと思います。

保持力落とすためにピンを触ったら、逆に保持力なくなりすぎて、右肘と腹部がポロリしますww
最終的には接着しないとダメですね・・・。

スミ入れとかまで終わったら次はドムをハイネカラーに塗装ですね。


その後は、RGエールストライクとHGデュエルガンダムをミキシングして、高校生ぐらいのときに書いてたSEEDオリジナル小説の連合側主人公機を作ろうと思います。
初めてのミキシングビルド。
うまくいけばいいですけど・・・。
ゆっくり時間かけてやろうと思ってます。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

メカニックコレクション 紅蓮弐式 その2

久しぶりの紅蓮の記事。

前もカテゴリーが「ガンプラ」ってのはどうよ・・・なんて思ってたんですけど、基本ガンプラばかり作ってるのでいいですよね、このままでw

というか、作ってるキットごとにカテゴリー作るべきなのか?とも思いましたが、まぁガンプラばかりのブログでもないので、いいですよね、このままでww



そんなわけで、少しだけ塗装が進みました。

今回のサフはサフ1200とファンデーションホワイトを6:4ぐらいで混ぜて白サフにしてます。
一緒にサフ吹きしたドム・トルーパー共々、明るい色が多いので、下地に白を吹きなおすのが面倒ですから。

下地白黒。

それでも、発色の悪い黄色とかメタリック系の色は下地をちゃんとやっとかないといけないので、山吹色とシルバー系にするパーツはそれぞれファンデーションホワイトとピュアブラック吹いてます。

右腕をどんな感じにするか少し迷ってたり。
シルバーにはするつもりなんですけど、いかにもメタリックって感じにはしたくなくって・・・。
おそらく、シルバーとグレーを混ぜて調色すると思います。


赤!

結局、アニメの色をイメージして調色することにしました。

【赤】
ブレイトレッド+マルーン+クリアーオレンジ+ピュアブラック(数滴)

もう少し暗くしてもよかったかもですね。
実物は画像よりももっと鮮やかな赤になってます。


今回はここまでです。

あとは山吹色と関節色と右腕とマルーン。
週末は紅楼夢本番なので、続きは週明けです。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

メカニックコレクション 紅蓮弐式 その1

デルタプラスを作ってる途中ですが、最近ふと思い立って見直したコードギアスでテンションが上がりすぎて、ヨドバシで見かけたキットを購入してしまいましたww

ラスト1個だったのです。

紅蓮弐式

コーティングバージョンじゃない普通のがよかったんですが、結構前のキットなので、これしか残ってませんでした・・・。

せっかくだからメッキ剥がす練習になるぜ!!!って意気込んでたんですけど、見事に失敗しましたw

クリアコートを落としきれてなくて、ってか全く落ちてなくて、漂白剤に付けてもメッキは剥がれず・・・。
仕方ないので、どうせ表面処理も練習するしってことで、メッキはそのままに。


表面処理前。

サーフェイサーの500をパーツ切り離す前に吹きました。
このキットだけで小さい缶が無くなるというね。

少ねぇよ!www

基本的にガンプラの1/100スケールばっかり作ってるので、このスケールは新鮮。
紅蓮自体の全高が4.51mなので、1/35スケールでガンプラの1/144のサイズと同じぐらいの雰囲気です。


表面処理&素組み。

表面処理が終わったパーツの接写画像も撮っておくつもりだったのですが、デジカメの充電がなぜか切れてて断念。
ケータイのカメラではうまく接写できなかったのです。

メッキ加工のパーツってメッキ剥がすと黒とかグレーとかなんですねw
段々処理がめんどくさくなってきたから、400番の紙やすりでスリスリしただけですけど、結構ヒケってますね。


「弾けろブリタニア!!」(仮)

こんな状態なので何の趣もないですけどwww
結構関節の可動域は大きい気がします。

ガンプラと違って、腰周りにアーマーがないからでしょうかね。

設定通りに右腕はだいぶと伸びます!
肘の関節部分と前腕部分でガシャっと伸びるのですよ。

別角度。

この右腕が放送当時から大好きですw

今回はここまで。
カラーリングは説明書のカラーレシピを参考にするか、アニメを参考にするか悩むところですな。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。