スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デカールフェチ。

2011.10.31 ガンプラ
ガンプラ復活してから発覚したのですが、どうやら自分はデカールフェチらしいw
デカールフェチって何さ?!って話なんですがww

なんか、デカール見るとおぉぉお!!って無意味にテンション上がるんですよね。
コーションデカール大好きですw

それが祟って、ちょっとでも作ってみたいキットのガンダムデカールに出会ったらとりあえず確保したくなるんですよね・・・。
お陰で、ガンダムデカールがすでに20セットほど堪ってる。

ので、一度覚え書きがてらに整理してみる。


2:MGガンダムVer.Ka
3:MGフリーダムガンダム
18:SEEDモビルスーツ用
36:SEEDDESTINYモビルスーツ用
49:MGストライクガンダム
50:MGフォースインパルスガンダム
55:MGインフィニットジャスティスガンダム
57:MGシナンジュVer.Ka
63:ダブルオーライザー
64:ケルディムガンダム
65:アリオスガンダム
66:セラヴィーガンダム
67:MGソードインパルスガンダム
69:MGガンダムエクシア ×3
80:ガンダム00用③
89:MGダブルオークアンタ

なぜエクシア用が3枚もあるんだ!!!!!
まぁ、持ってるのを忘れてて、「確保しなければ!!」って買ったら間違えて2枚追加で買ってしまったっていうだけの話なんですけど。

家帰って袋から2セット出て来たときは、リアルに「( ゚д゚)ポカーン」ってなりましたww
ま、エクシアを3体作ればなにも無駄じゃないよね!そういうことだよね!!

そういうことなのか??

積んでるキット増えてきたからな・・・。
なんとかしないと。

プロトストライクに掛かりっきりになってて、積みキットが進まない。
まぁ、気分転換がてらにクアンタを進めて行きたいと思ってます。

いいよねデカール。
袋に入ってる状態でもhshs出来るよねw


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ
スポンサーサイト

1/144 プロトストライクガンダム その3

下半身からちまちま触っております。

11/10/30現在。

膝パーツはパテで整形しました。
だいぶエッジが立った形になりました。
ガリガリとポリパテを削った上からラッカーパテで修正してるので、マーブルなすごい見た目になってますがw

足に関してはこれで一応の加工は終わり。
全体出来た時にまた違和感とかあれば触りますが。

12.jpg

腹部と腰パーツの境目がフレームむき出しでえらいことになる・・・。
腰フレームの上下スイングはオミットしようかと思ってます。

肩の青いパーツも直線的でエッジが立った感じに成形しました。
どうもデュエルのパーツは必要以上に丸みのあるパーツが多い気がする。

頭部はもうこのままHGデュエルをベースに進めて行こうとおもってます。
ただ、アンテナはストライクから持ってくるかも。
ちょっと試す眇めつしてます。

肩アーマーはイメージ取りのために取り合えず被せてテープで止めてるだけなので、スイング機構作ってフレームにはめれるようにします。
あと、上下に長い気がするので、切り詰めれそうならそうしたい。

前腕のスライド機構と形状を残しつつ、デュエルで特徴的な青い腕輪を落とし込む方法を模索中です。


11.jpg

荒ぶる森次さんのお土産を抱えるポーズ。

なんかいろいろ弄ってたらこのポーズを取らせたくてたまらんようになってしまって、ついついw

何のことかさっぱりって人は、「鉄(くろがね)のラインバレル」読んでみてください。
大好きなロボ漫画です。
アニメ化もされたので、それなりに知名度はあるかと。
プラモもブキヤから発売されてたし。
(当時はプラモから離れてて知りませんでしたが・・・orz)

ただ、おれはアニメは認めてない。
アレは原作の素晴らしさをめちゃくちゃにした!!
まぁ、この話をしだすと、超長くなるのでここではしませんが。



ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

1/144 プロトストライクガンダム その2

04.jpg

一番最初に分り易いところを弄った状態。

アンクルガードを飛ばしたのと、腰周りが変わってます。

腰のアーマーはフレームの凹凸を無くしてから、ピン受けを削り落としたアーマーの内側にエポパテを詰めて、そこにフレームを押し付けてはまるようにしました。
ただ、前が浅いので保持力があまりない。
最終的には接着になりそうです。

あと、この工作の結果、腰が前後に6ミリほど伸びました。
そこまで不細工ではないんですけど、後ろがちょっと出すぎな気も。
バーニアからの熱風をもろに受けそうな配置になってるように見える・・・。

要再考察ですね。


で、この写真を撮ったあとも少し弄りました。


膝。

まだきちんと成形してませんが。
膝アーマーの可動を保ったままデュエルの形状にすると干渉するので、膝の黒い棒は取り去りました。
で、プラバンで切り欠きを塞いでます。
このあとちゃんとパテ盛って形出したいと思ってます。
下側にも伸ばします。
上面の凸モールドは削り落とす予定。


踝フレーム。

よくよく見てみると、デュエルはくるぶしのところまで側面のフレームが伸びてきてる。
プラバン堆積で削りだせる気がしないので、HGデュエルから移植しました。
ストライクのフレーム端のディテールをどうするか迷いましたが、繋げてみるとその部分と踝部分が一体パーツみたいな形になったので、そのまま接着しました。


11/10/26現在。

今回の工作ではこんな雰囲気。
まだ全然ストライクのままですね。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

1/144 プロトストライクガンダム その1

高校生の頃に書いていたガンダムSEEDシリーズのオリジナル外伝小説の地球連合側主人公が乗っていた機体をRGエールストライクとHGデュエルガンダムのミキシングビルドで作ろうと思います。


ラフ。

チラ裏クオリティ&デジカメ撮影で申し訳ないですが、イメージとしてはこんな感じ。
本体はデュエルでエールストライカーが背中に、寸詰めしたシュベルトゲベールが左腰に付いてます。

デュエルが完成した後に、ストライカーウェポンの性能評価の為に作られたという設定です。

プロト使用キット。

使用するキットはこんな感じ。
シュベルトゲベールをどうするか悩んでたんですが、1/144ソードストライクが手に入ったのは僥倖でした。

それにしても、RGのフレームは変態可動ですね。
正座できるのにはびっくりしましたw

スライド機構とかは可能な限り残していくように頑張りたいと思います。
せめてもの救いは、脚部はそんなに弄らないでよさそうなところでしょうかw


パチ組み。

両方をパチ組みしました。
RG組むのに3時間ぐらいかかった・・・。
1/144スケールでランナーがGまであるとか・・・。
まさにMGをHGサイズにまで圧縮したような感じですね。
MGよりも動きますが。


さぁ、この段階で弄らないといけないのは・・・

●アンクルガード切除
これは簡単に出来そうなのが判明してます。
●膝パーツの加工。
これも黒いフレームパーツを取って、カバーの切り欠きを埋めるだけ。

●腰周りのデザイン変更。
デュエルにはフンドシ部分しかないので、ディテール追加とかしないといけないのかも・・・。

●腹部形状変更。
出来ればコックピット開閉できたらいいけど・・・おそらくオミットする。
パイロット乗ってるわけでもないし。

●胸部形状変更。
ストライクのデザインから少し手を加えるぐらいでしょうか。

●前腕デザイン変更。
袖(?)の青い帯は必須ですよね。

●肩アーマー形状変更。
これが一番イメージ浮かばない。
おそらくプラバン切った貼った、パテ盛った削ったになるんでしょうね・・・。

●頭部デザイン変更。
Vアンテナはストライクの方が好きなんですけどね・・・。
フェイス、ヒサシデザインはデュエル準拠にします。
要試行錯誤。

今のところわかってるだけでこんな感じ。
どう弄るかは妄想しただけなので、きっと作業始めたらこの通りには行かないと思います。

ちんたら時間掛けて作ろうと思ってます。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HG ドム・トルーパー その4

ハイネ専用ドムトルーパーの塗装が終わりました!!

行程が多くて疲れた。
そして、ツールウォッシャーの消費量がハンパない・・・。

思ってたよりも眩しいオレンジになった気もしますが、まぁ発色いいしよしとしよう。


淡オレンジ。

ま、眩しい!
結構白足したんですけど、思ってた以上に眩しい感じになりました。

【明オレンジ】
ピュアオレンジ(G)+蛍光ピンク(G)+ファンデーションホワイト少量

黒。

グレーを濃くしてしまったので、ほぼ黒で塗りました。
が、指定色を後から確認してみたら、黒100%だったんですねw

【黒】
カーボンブラックマット+ファンデーションホワイト微量

赤。

何故か色の乗りが悪かった赤。
4回ぐらい重ねてやっと思ったレベルの発色になりました。

【赤】
ブライトレッド+蛍光ピンク(G)

暗オレンジ。

実物はちょっと汚い感じの色になってしまった・・・。
ちゃんとゼロから調色すればよかったかも。

【暗オレンジ】
上記「明オレンジ」+カーボンブラックマット少量


それぞれの色はこんな感じ。

正面。

まだスミ入れしてませんが、組んでみた。
なんというジャイアンツカラーwwwww

顔アップ。

胸部バルカンは初のメタルパーツなんですが、きれいに付けれなかった・・・。
難しいですね。

ブレイズドムトルーパー。

説明書にあった通りに無改造でウィザード換装できます。
このブレイズはパチ組みですが・・・。

精神的、肉体的余裕があるときにきっちり塗装したいと思います。


またスミ入れ、デカール貼りが終わったらきっちり撮影し直したいと思います。



ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HG ドム・トルーパー その3

紅蓮が完成したので、ドムの塗装に入りました。

まぁ、紅蓮と一緒にサフ吹いてたので、作業自体はだいぶと楽です。


なんか、ちょいちょい塗料がなくなってきてるので、追加しないとダメですね。


グリーン。

緑系使ったのは初めてかもしれないw
ブリリアントグリーン持ってたんですけどね。
使った記憶ないのに、少し溶剤が揮発しててドロドロになってました・・・。

【グリーン】
ブリリアントグリーン+レモンイエロー+ファンデーションホワイト微量

グレー。

「もうちょっと濃く・・・もうちょっと濃く」って黒を足していったら、逆に濃くしすぎた・・・orz
ま、でもこれぐらいの濃さのグレー好きなのでよしとしときます。

おそらく、もう少し濃い黒の部分と合わせた時に色差がなくて泣きそうになるんだとは思いますが・・・。

【グレー】
ファンデーショングレー+カーボンブラックマット+ピュアブラック

今回はこの2色だけ。
グリーンの部分にマスキングするのが辛過ぎた・・・。
1時間ぐらい作業に掛かった気がする。

デカール貼りで3時間とかは余裕なのに、マスキングは30分も耐えれない。
今回のドムは塗り分け多いからマスキングも必然的に多い。

塗装の行程もなんか多い。
今日塗装始める前にどういう順序で塗装するか考えたらえらいことになってた。

メタリックピンク(モノアイ部分)→グリーン→グレー(薄)→白(下地)→オレンジ(淡)→グレー(濃)→白(下地)→赤→オレンジ(濃)

なんだこれめんどくせぇ!

これでブレイズウィザードは入ってないんだぜ・・・。

まぁ頑張ります。


早くプロトストライク作りたいしね!



ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

メカニックコレクション 紅蓮弐式 その4

メカニックコレクション 紅蓮弐式 完成しました!

紅蓮弐式完成。



ギャラリーページはこちら。
http://www.geocities.jp/katsu_destiny515/gallery/gren-type02.html

メカニックコレクション 紅蓮弐式 その3

紅蓮の塗装終わりました!

なんとか作業できる時間内に収まってよかった。

まだスミ入れとトップコート終わってませんが。


だいぶ赤い感じになりました。
紅蓮の名に恥じない感じになったかはわかりませんが。


マルーン。

マルーンというか、ワインレッドというか、ちょっと濃くなってる部分。
画像ではわかりにくいですが、結構暗めにしました。

【マルーン】
マルーン+クリアーパープル(G)+ピュアブラック微量

イエロー。

コックピット周りの黄色い部分。
実際はもっとオレンジに近い山吹色にしてあります。

【イエロー】
ディープイエロー+クリアーオレンジ+ピュアオレンジ(G)微量

シルバー。

右腕パーツ。
あまり必要以上にメタリックな感じにしたくなかったので、純粋なシルバーにはしませんでした。

実物はそこそこキラキラしてますw
画像ではわかりませんが(なんかこんな言い訳みたいな文言多い・・・)

【シルバー】
シルバー(C)+ファンデーショングレー

グレー。

関節とかの色ですね。
昔に作ったグレーにちょっとずつ足したので、正確なレシピが不明ですが・・・。

【グレー】
ファンデーショングレー+カーボンブラックマット+スーパーディープブルー
(で合ってるはず)

紅蓮仮組み。

後ろにごちゃごちゃ写っててすいません。
トップコートまで終わったら背景に白画用紙置いて撮影しなおしますので・・・。

赤とマルーンの色差がわかりにくいですね。
十手の塗り分けがめんどくさかった・・・。

手と十手が一体で作られてるので、あの小ささで4色塗り分け。
ちまちまマスキング頑張りました。

今回、一番頑張ったのはエッジ出しでしょうか。
胸部と肩がわかりやすいと思います。

保持力落とすためにピンを触ったら、逆に保持力なくなりすぎて、右肘と腹部がポロリしますww
最終的には接着しないとダメですね・・・。

スミ入れとかまで終わったら次はドムをハイネカラーに塗装ですね。


その後は、RGエールストライクとHGデュエルガンダムをミキシングして、高校生ぐらいのときに書いてたSEEDオリジナル小説の連合側主人公機を作ろうと思います。
初めてのミキシングビルド。
うまくいけばいいですけど・・・。
ゆっくり時間かけてやろうと思ってます。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

紅楼夢7お疲れ様でした!

2011.10.17 雑記
第7回東方紅楼夢お疲れ様でした!

初の自サークル参加ってことでいろいろありました・・・。
ほんといろいろありました。

原稿についてはもう散々ついったで喚き散らしたのでこの場では特には触れないでおきます。
が、オフセのスミ印刷ってあんなに濃淡くっきり出るんですね。
下書きの裏が透けちゃってたりして汚いことになってました・・・。
自分で編集してた時はそんなに目立ってなかったし、時間ないしで「まあいっか」ってスルーしちゃったんですけど、まぁよくなかったですね。

手にとって頂けた方に少しでも楽しんでもらえればうれしいです。

もっと修行します。


で、いろいろあったのは当日ですよ!!

売り子をしてくれるという勇月さんとサークル入場開始前に合流するはずが・・・。
どうやら寝坊したらしい。
スペースで展示に使う小物を一式お借りする約束だったので、スペース設営が全然出来ない。
周りの方がちゃくちゃくと準備を進めていく中、ボーっと朝ごはんのパンかじってましたw

で、勇月さんが到着したのが、入場が一時的に締め切られる10時の5分前!

慌ててサークル通行証をポケットに入れて、正面入り口に走って迎えにいったら、「あ、俺反対の入り口から入りましたんで、サークル入り口にいてもらっていいですか?」って。

うぉぉい!!w

また走ってサークル入り口へ。
ぜぇぜぇ言ってたら、勇月さん登場。


「おはようございます!ギリギリなんで、早速スペース作りましょう!あ、通行証ですね。はい、ここ・・・・・・・に・・・・・ある・・・・はず・・・・なんやけど。」


おぉぉぉ?!


サークル通行証が・・・ない!!

お、落とした・・・orz

走ったあたりを探してみてもない。
まぁ、一般入場の人がサークル通行証拾ったら、カタログ買わないでいいし、並ぶ必要もないし、そりゃネコババしますわな。。。

このままでは、勇月さんは一般入場になる・・・。
スペース設営できない・・・。

なにを思ったのか、おれはそっと勇月さんにカタログ代の1200円を渡してましたwww

で、冷静だった勇月さんが「スタッフに訊いてみては?」って。
おぉ!その手があったかwww

スタッフさんに訊いてみたら、再発行出来るとのこと。
その後3箇所ぐらい受付を盥回しにされましたが、なんとか再発行してもらって無事に勇月さんも入場することができました。


それからイベントがスタートしてからは、ゆるーい感じでした。
始まって5分もしないうちに1冊目が売れた時は焦りましたけどwww

隣が5年やってるサークルさんらしく、次から次から挨拶に人が来る。
なんとも羨ましい光景でした。

秘訣は続けること、諦めないことだと教えてくださいました。
GC団のワクラさん、ありがとうございました。


そんなこんなでイベントも終わり。
勇月さんが別のスペースに拉致られて1時間以上帰ってこなかったりとかもありましたけどねw


今までは毎年紅楼夢にだけ参加できればいいやって思ってましたが、一度サークル参加してしまうと変な意欲が沸くもので。
いつか例大祭とかコミケとかにも参加出来たらいいなって思ってます。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

メカニックコレクション 紅蓮弐式 その2

久しぶりの紅蓮の記事。

前もカテゴリーが「ガンプラ」ってのはどうよ・・・なんて思ってたんですけど、基本ガンプラばかり作ってるのでいいですよね、このままでw

というか、作ってるキットごとにカテゴリー作るべきなのか?とも思いましたが、まぁガンプラばかりのブログでもないので、いいですよね、このままでww



そんなわけで、少しだけ塗装が進みました。

今回のサフはサフ1200とファンデーションホワイトを6:4ぐらいで混ぜて白サフにしてます。
一緒にサフ吹きしたドム・トルーパー共々、明るい色が多いので、下地に白を吹きなおすのが面倒ですから。

下地白黒。

それでも、発色の悪い黄色とかメタリック系の色は下地をちゃんとやっとかないといけないので、山吹色とシルバー系にするパーツはそれぞれファンデーションホワイトとピュアブラック吹いてます。

右腕をどんな感じにするか少し迷ってたり。
シルバーにはするつもりなんですけど、いかにもメタリックって感じにはしたくなくって・・・。
おそらく、シルバーとグレーを混ぜて調色すると思います。


赤!

結局、アニメの色をイメージして調色することにしました。

【赤】
ブレイトレッド+マルーン+クリアーオレンジ+ピュアブラック(数滴)

もう少し暗くしてもよかったかもですね。
実物は画像よりももっと鮮やかな赤になってます。


今回はここまでです。

あとは山吹色と関節色と右腕とマルーン。
週末は紅楼夢本番なので、続きは週明けです。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HG ドム・トルーパー その2

ハイネ専用ドム・トルーパーの塗装案考えました。

ハイネ専用ドム・トルーパー塗装案。

ハイネ専用ザクの画像とシャア専用リックドムの画像を睨めっこしながら、拾ってきた設定資料に色を付けてみた。

こんな感じでしょうでしょうかね。

腰周りとか前腕の追加装甲みたいなのも本当は本体と同じ色なんですけど、それだとザクの胸部色が行き場を無くすので、こういった配色にしました。

バーニア内部はザクのバーニアに合わせてライトグリーンに。

イージーウィザードは一般機と共通だと思うので、指定色通りにバーニアは赤に。
後々作るつもりのウィザードも同じ解釈で基本的に指定色で塗装するつもりです。

地味に使う色多いし、腹部とかは一体形成なので、塗り分けめんどくさそう・・・。
マスキング作業大嫌いなんですよね・・・。

まぁ、そこでガラッと出来栄えが変わるのでがんばります。


あと、ふくらはぎはもう接着諦めました。
たぶん。

気力があれば頑張るかもですが・・・。



ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HG ドム・トルーパー その1

最近、おれの影響か、ガンプラを作り始めた友人がやたらとドムを推してきますwww

ガンダム系はどうもごちゃごちゃしてて気に入らんらしく、彼の中では作るならザクかグフかドムらしいです。

で、彼の3作目が「ドム・トルーパー」に決まったらしく、一緒にキットをヨドバシに買いに行くことに。
種系のキットもそこそこ古いので、もう無いかもねーなんて話をしてたら残り2個。

これも何かの運命ってことで、お互いに1つずつ作ることにしましたww

HG ドム・トルーパー

この系統のイラストをパッケージに使われてる限りはおれはパケ買いし続けてしまうんやと思うwwww

まぁ、HGなんでさっくり作っちゃうつもりだったんですが・・・


ウィザード換装が出来るだと?!?!

その一文にまんまと乗せられて、こいつのウィザードをコンプしたい欲が沸々と・・・。
ってなわけで、ガナーウィザードとブレイズウィザードも用意します。
(まだキットは買ってきてないですが)

それと、折角なので塗装もしよう。

ルナマリア専用機にするか、ハイネ専用機にするか悩みましたが、うつらうつらしてたらなんか西川兄貴の顔が思い浮かんだので、ハイネ専用機にすることにしましたww

ハイネ専用ザク。

この色ね。
どういう配色でドムに落とし込むかはまだ決めてませんが、ギレンの野望に出てくるリックドムとかのカラーバリエーションの配色を参考にしようかな?とは思ってます。


で、簡単な表面処理と仮組みまで終わらせました。

仮組みドム・トルーパー。

こんな感じ。

表面処理。

ランナーからパーツを切り離す前にサフ500を吹いて、400番のペーパーでこすってます。

パーツ構成を考えなくても後ハメできる部分は接着済みです。

胸部後ハメ。

胸部の後ハメはこんな感じ。
赤丸部分は、パーツ下側の軸周りをエッチングノコで切り離した後、ピンをごっそり切り落としてます。
緑丸はその切り離した軸を挟み込んだのと、背中側のピンを飛ばしてあります。

これで、上から襟のブロックが差し込めます。
結構スカスカになるので、本組みの時は瞬間接着剤で接着してしまうかもしれません。

頭。

頭部は黒パーツの継ぎ目を消したのと、全体的な面出し。
頬のダクト部分を気持ち周りよりも低く見えるように外側で薄く削ったぐらい。
顔の十字パーツとトサカの接合部分は段落ちモールドを削りなおしました。

ドムの後頭部は長くなってる方が個人的には好きなんですが、今回は見送りました。


あとは、ふくらはぎの合わせ目をどうやって消すかが問題ですね・・・。
考えられるのは、膝の関節ブロックを塗装してしまって、マスキングしてから組み込み、合わせ目消しをする。
ってな感じでしょうか。
もう少し考えてみます。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

第7回東方紅楼夢の情報。

2011.10.12 お絵かき
10月16日(日)にインテックス大阪で開催される、「第7回東方紅楼夢」にサークル参加します。

初のサークル参加です。

去年の紅楼夢のときにほとんど冗談で来年はサークル参加やなー!って言ってたら、本当にそうなりましたw


スペース:4号館 ヌ-31a
サークル名:てんかつ丼
新刊『箱からゆかりんが出て来たった』(28P) 500円
※成年向けです。

第7回東方紅楼夢新刊。

初参加なので、オフセ本はこれのみです(;´Д`)
それだけでは寂しいので、スペースでは売り子をしてもらう勇月さんのサークルの物も頒布する予定です。

他にも、色紙とか?
まだ全然未定ですけど。

ってか、これから色紙とか名刺とか用意します。
間に合うかね・・・。

もし、当日インテに来られる方で興味のある方は覗きに来てもらえると嬉しいですw

サンプルは、サイトの「DOJIN」ページか、こちらからどうぞ↓

紅楼夢新刊サンプル。 | katsu@紅楼夢ヌ-31a [pixiv]



ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HGUC ブルーディスティニー1号機 その5

ブルーデスティニー1号機、無事に完成しました!!

BD1!

カラーレシピなど詳しくはこちらをどうぞ。






HGUC ブルーディスティニー1号機 その4

先週末に大惨事が起きたマイ・エアブラシが無事に復活いたしました!

フルアーマー・マイエアブラシ!

圧力計が付いて、コンプレッサー直付けになり、フルアーマー化しましたw
しかし、後々調べたらパッキンだけ交換できるらしい・・・orz

ま、なんか出来る人みたいになったからよしとしますww


で、無事にBD1の塗装が終了!!


グレー!

グレーは壊れる前に吹いてました。

ファンデーショングレー+カーボンブラックマット

いつも思うけど、カーボンブラックマット好き過ぎww


青!

BD1は名前の通りホント青い!
指定色の水色よりもだいぶ青いです。
主人公機とかに使われる青にイメージとしては近いのかも。

スーパーファインコバルト+ファンデーショングレー+クリアーパープル(G)


紺!

画像ではグレーに見えるww
もっと青よりでもよかったのかもです。

スーパーディープブルー+スーパーファインコバルト+ファンデーショングレー微量+クリアーパープル(G)


カラーレシピ覚書はこんなところでしょうか。
赤とかはまたページまとめた時に書いておきます。


首引き。

トルソー。

【胸部】
胸部バルカンを開口。
胸部ミサイルの先端を市販パーツのマイナスモールドに置き換え。
首のボールジョイントを1ミリ延長。

やったことはこれぐらいでしょうか。

デカールは、メインにHGシナンジュ用のガンダムデカール。
それにない分をNCデカールと市販のシステムデカールにて補っています。


頭部。

【頭部】
バイザー内部センサーにオーロラデカール。(画像では全くわかりませんが・・・)
マスクと頬当てを別パーツっぽく見えるまで削り込み、頬当てを薄く。


シールド。

【シールド】
取っ手(?)部分を一度切り離し、塗装後真鍮線で再接続。
油断したらシールがセンターからずれたw


マシンガン。

【マシンガン】
先端の窪みディテールを開口。
すべてをグレーにすると味気ないので、アームとエネルギーパックを白で塗装。


ランドセルとかも出来てるんですけど、デカール貼っただけやし、長くなるんでまた次にしときます。



ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

MG ダブルオークアンタ その1

BD1の塗装をどうするかが気になって気になって仕方がないので、続きを吹いてたら・・・


ぎゃー!


ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!

側を通ったときにエアレギュレーターが床に墜落。
パッキンが盛大にもげてしまいました・・・。

落ちて行くのがスローモーションに見えましたorz


で、BD1の塗装が進めれなくなったので、

MGクアンタ。

MGはどれもパッケージがかっこいいと思うのです。
クアンタは劇中ではそんなに惹かれなかったんですが、あるサイトの作例を見て一目惚れしましたw
デカールがよかったんですよ!
普通のガンダムデカールを使ってただけなんですけど。

デカールフェチには堪らん出来ですよ、00系のデカールは!


そんなこんなで3時間ほど作業を。

頭部。

面出しとアンテナのシャープ化を頑張りました。
アンテナはもうちょっと薄くしたかったですけど、折りそうだったので、このへんで止めときました。
フェイスも超微妙にシャープ化、頬当ても薄く。
アゴはこの画像ではわかり難いですけど、だいぶ角張らせてます。

トルソー。

ここまで組みました。
GNドライブ搭載機ということもあって、独特なフレームですよね。
それに思ってたよりも、胸部に隙間があるw

別角度。

意外に無改造のままで首が引ける。
キリッとした表情付けができるのでありがたいですね!!


ちらほらレビューとか作例見てたら脚部が短かったりするみたいなので、どうなるやら。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HGUC ブルーディスティニー1号機 その3

そろそろ気分転換とやらないといけない原稿の作業が逆になってきてるww

いや、草生やしてる場合じゃない。
あと1週間しないうちに仕上げなければならんというのに。


そんなわけで、BD1のサフ吹きと、明るいほうの青の下地とかを吹いたので報告。
いつもデジカメで撮影してるんですが、作業場に忘れていったので、仕方なくケータイで撮影。
接写のピントが微妙です・・・。

バイザー関係。

暴走状態で作るためにバイザーと内部をピンクにしました。
もう少し赤くても良かったかもですけど、クリアパーツに赤吹くとどうしてもピンクっぽくなるんですよね・・・。

蛍光ピンク(G)+クリアレッド(C)半々ぐらいです。
内部の方は下地にシルバー吹いてますが微妙かも。

この後上からオーロラデカール貼ります。


下地の白。

やっぱりファンデーションホワイト優秀!
サフの残量を確認してなくて、ちょっと足りなさそうだったので、ケチったから形成色隠すのはホワイトの隠ぺい力頼みでした。
まぁ、形成色とそう変わらない色塗るので、そこまで神経質になる必要もなかったんですけども。

今回着色はここまで。


シールド分割。

シールドは持ち手(?)の部分の塗りわけを考えて分割しました。
真鍮線での接続です。
何気に初真鍮線w

真鍮線使ってるとなんか、出来る人って錯覚出来るw

胸部ミサイル先端。

胸部ミサイルの先端も塗りわけが面倒なので、先を削り落として、コトブキヤのマイナスモールドを後から貼ります。
本当は先端から少しの部分はグレーなんですけど、きっちりミサイルの先端まで筒に入っているという都合のいい解釈で、これ以上の塗り分けはしません。


あと、頼もしい仲間の紹介。

攪拌器。

塗料攪拌器。
電池で動きます。
先の部分が高速で回って塗料を攪拌します。
ヘラだけではなかなかうまく攪拌できないのでね。

こいつ便利ですよ。

ただ、塗料に突っ込んだ先が塗料でベトベトになるので・・・

邪悪な液体。

この邪悪な液体。
もとい、捨てシンナー&ツールウォッシャーのビンに突っ込んでスイッチオン!

2,3秒回してから抜いて、ティッシュでえ吹くとキレイさっぱりです。
エアブラシを洗浄したときに出る比較的終盤のキレイなシンナーとかをコツコツ溜めたのがこのビンの中身です。

年季入ってますねww


薄い本も表紙まで出来たので、あとはトーン貼りと写植です。
がんばります!

あぁ、やりたい事が溜まり過ぎ!!



ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。