スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC シナンジュ Dモード その5

昨日触ってたシールドの続き。

ユニコーンのシールドが、伸びてサイコフレームのハネが出てくるのにあわせて、シナンジュのシールドで伸ばせそうなとこ、せり出せそうなとこを考えた結果こうなりました。

IMGP1473.jpg

この間に噛んでるラムネ見たいなのはIフィールド発生装置のつもり(;´∀`)
ただ、穴を開けて黒パーツのダボで固定してるだけなので、噛みあわせとかがいまいち・・・。
これでは下半分との間も開きすぎなので、もう少し「スライドしてずれたら出てきた」感を出すために下パーツが被さるようにしたいと思ってます。


IMGP1472.jpg

発生装置こんなん。
10ミリの市販パーツを芯に裏に16ミリ直径に切り出したプラ板を貼り付けポリパテを盛って削りだしました。
タミヤのパテが殆どなかったので、久しぶりにロックパテのポリパテ触ったw

最終的に、これの真ん中に3ミリの穴を開けてダボを通してます。


IMGP1470.jpg

上半分。

左右でビフォーアフター状態w
タガネで切り離し、プラ板貼って飛び出させました。
プラ板部分がサイコフレームです。

IMGP1471.jpg

裏から。

サイコフレームどこから出てきてんなwwwって話ですが(;^ω^)
細くなってる部分のフレームが作業上なくなってしまったので、後々頑張ってそれっぽく復元します。

塗装するときは頑張ってある程度塗り分けないとですね・・・。
マスキングめんどくさそう・・・(´・ω・`)

加工精度とかは言ってられなくなってきそう。
最終的に塗装してそれっぽくなればいいかなと思ってます。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ
スポンサーサイト

HGUC シナンジュ Dモード その4

もっとガーッと作業進められたらいいんですけどね・・・。

改造スキルが足りないのと、行き当たりばったりでやってるので時間が掛かる(;´∀`)

とりあえず、脚部のサイコフレームのディテールを除いた改造があらかた終わりました。

27_20120629174559.jpg

ハムストリング断裂w
ユニコーンは上下に割れますが、シナンジュは前後で。
これ以上脚を長くしてもバランス崩れるだけですしね・・・。

28_20120629174559.jpg

下から見るとこんな感じ。
今はダボを甘く挿してるだけなので、切り出した側にプラ板を使ってサイコフレームディテ作ります。

29_20120629174558.jpg

あと、アキレス腱のとこの小羽。
一度接続ピンを切り落とし、パテを噛ませて角度を変えました。

雰囲気でやったんですけど・・・30度ぐらい?

30_20120629174558.jpg

装着するとこんな感じ。
比較画像がないのですが、元はピタッとフレームに沿う感じだったので、だいぶ跳ね上がったかと思います。

で、これで後ろから見るとスカスカ感がすごいことになってしまったので、エバグリのプラ板貼るか何か考えます。
しいたけディテ作れればかっこいいんですけどね、やったことがない・・・。
ちょっと練習してみて、出来そうならそれでw
無理そうならエバグリ貼っておきますww

これで脚部の基本工作終わり。
(実は左脚のつま先と太ももがまだですけど・・・)


で、次に手を入れやすそうなシールドへ。

31_20120629174557.jpg

これをエングレービングパーツとの境で切り分けて・・・

32_20120629174557.jpg

こうしました!

黒パーツのくびれている部分にちょうどIフィールド発生装置的な大型マルイチを仕込めそうなスペースがあるので、そこにIフィールド発生装置を仕込みたいと思います。
が!
その大型マルイチどうしようかな・・・(;・∀・)
正面から見てパーツ覗くようにしようとすると、1.5cmぐらいの大きさが欲しい。

そんなサイズの市販パーツあるのか?!
自作・・・は色々と大変そう。
ないなら作るしかないんですが・・・。

今度ヨドバシ行った時に探してみよう。

切り欠いたことで裏のフレームもズタボロなので、延長復元して2つのパーツを固定出来るようにしないと・・・。
思っていた以上にめんどくさいww


まぁ、Dモード作るってのが修羅の道ですしね・・・w
頑張りますw

ニコ動で「野生のアストナージ」タグを付けてもらうためにも!!


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HGUC シナンジュ Dモード その3

スタークさんが終わったので、今度はシナンジュのDモード。

前回、脚部の伸張の簡単な部分だけやりました。
で、今回はその続き。

23_20120627174828.jpg

脛前面と左右のパーツを最初に決めた線で切断しました。
作業効率のために一部モールドを削り落としたので、終盤に復活させます。

にしても、この部分・・・どう見ても顔ですよね(;´∀`)
しかも嘲笑ってるかのようでいちいちイラッときますww

切断部分をテーパーが干渉する部分まで引き上げました。

22_20120627174829.jpg

正面から見るとこんな感じ。
2ミリほど長くなりました。
膝のエングレービングとの境を拡げたのとあわせて5ミリほど伸びました。

24_20120627174827.jpg

太ももまで入れた比較。
膝の延長は両方してしまってるので、効果的な比較ではないですね・・・(;^ω^)

切断面にメンタム塗ってエポパテを押し付け、サイコフレームの土台を作ります。
完全硬化後、そこに直接スジボリするか、プラ板でモールド作るか考えます。

25_20120627174826.jpg

ついでにつま先もせり出し。
2ミリ分出しました。

26_20120627174825.jpg

今回終わった作業まででこんな感じ。
脚の長さが揃ってないのでまっすぐ立てないwww

結局モノアイの迫上がりギミックはやめて、ツインアイ化のみにしました。


この感じで下から攻めていくことになるでしょうか。
もしくは簡単そうな順か。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ



HGUC スターク・ジェガン その10

折角早い段階で撮影まで終わったのに、サーバーが満杯になってたりでサイト更新にてこずりました・・・。

が、無事にギャラリーページアップ!!


38_20120626184423.jpg

上の画像をクリックすると、ギャラリーページへジャンプします。
カラーレシピもそちらに。
よろしくお願いします!


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

Gジェネの新作楽しみですね!



HGUC スターク・ジェガン その9

懲りずに完成してないのに経過報告(;´Д`)

昨日のうちに更新しようと思ってたのに、飲みに誘われて帰ってきたのが今日の3時w
そのまま寝てしまったのでタイミングを逃しました・・・。


IMGP1421.jpg

残すは脚部と右足の追加装甲、ミサイルポッドです。
バンシィ作って以来初のHGなので、なんかVer.Kaのデカール量に引っ張られて枚数が増えてるような気がしますwww
腕の追加装甲のしたからもデカールが除いてる風にしたかったんですけど、あんまり見えてませんね・・(;´∀`)

IMGP1417.jpg

外せる追加装甲を外した上半身。

左肩はシナンジュ用の部隊番号なんですけど・・・使えそうな在庫の中でこれが一番かっこよかったのでw
ネオジオンのマークをうまく切り取って使ってます。

右肩のマークはオーバースケールなので、貼るのがちょっと難しかった(;^ω^)
ただ、案外MG用のデカールもHGに使えるんだとわかっていい収穫でした。


IMGP1418.jpg

脚!

もっといい感じの大きいEFSFがあればよかったんですけどね。


さっくり仕上げてしまって、シナンジュDモードに本格的に掛かりたい。



ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HGUC スターク・ジェガン その8

次は完成後ですねーとか言いながら、堪えきれずに更新してしまうw

23_20120622193537.jpg

前回、現物はもっと青いって言ったんですが、現物はもっと緑っぽかったです(;´∀`)
ブリリアントグリーンが効いてましたw

下手糞なスミ入れも無事に終わり、あとはデカール貼りとメタルパーツの仕込みのみです!

オーロラデカールの威力を改めて知った。

25_20120622193535.jpg

偏光っぷりがすごいですw
バイザーと各種センサーに貼り付けてあります。

ただ、バイザー内部はシルバーに塗ってあるんですが、ここまで反射すると中が見えないですね(;´Д`)


24_20120622193536.jpg

最終的に正面から見える部分のメタルパーツを付けてみるために、関わる場所にだけデカールを貼り、ツヤ消し吹いたあとにメタルパーツを仕込みました。

フロントアーマーと脚部追加パーツの脹脛付近にマイナスモールド、肩の追加装甲にスチールボールです。
両方とも初めて使うのですが、なかなか良い感じですね( ̄ー ̄)ニヤリ

今のところ使ってるデカールは、MGフルアーマーガンダム、HGUCシナンジュです。
NCデカールやベルテクスも使う予定。

明日忙しくなければ貼り終えたい。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HGUC スターク・ジェガン その7

今日、大阪は雨でしたがプラモいじってる職場は大型のハコの中なので、そんなに湿度の影響受けないってことで、スタークさんを一気に塗装しました!

よくよく考えると、今回はいつもみたいに塗装行程を先に考えずに始めてしまったので、いろいろ大変でした(;´∀`)

IMGP1403.jpg

とりあえずこんな感じ。
実物はもう少し青いっていうか、アニメ版に近い色になってます。

08_20120608180133.jpg

これに近い。

まだ、スミ入れやデカール貼り、メタルパーツの仕込みは終わってません(;´Д`)

IMGP1404.jpg

バストアップ。
今回はこの2枚しか写真取れてません・・・。

で、忘れる前にカラーレシピをメモしておく。

本体緑:ブリリアントグリーン+MSグリーン+MSディープグリーン少量+ファンデーショングレー微量+クリアーブルー微量
本体濃緑:MSディープグリーン+カーボンブラックマット微量+クリアーブルー微量
関節グレー:ファンデーショングレー+カーボンブラックマット微量
黄色:黒サフ→クロームシルバー→ディープイエロー
シルバー:黒サフ→クロームシルバー
赤:ファンデーションピンク→ディープレッド
追加装甲:ファンデーショングレー+カーボンブラックマット

たぶんこれであってる・・・はず。

本体色は一回作ったのが汚いことになったので、作り直したからもしかするとごっちゃになってるかも・・・。


次に更新するときは、ちゃんとした撮影前の完成状態になるかと思います。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ



HGUC 1/144 RGM-89S スタークジェガン (機動戦士ガンダムUC)HGUC 1/144 RGM-89S スタークジェガン (機動戦士ガンダムUC)
(2010/02/20)
バンダイ

商品詳細を見る

HGUC スターク・ジェガン その6

もう、洗浄してもいいよね・・・?

いや、AIRは見たことないですが・・・。

このままずるずるやってても精度が上がるわけでもないし、もうケリつけてパーツ洗浄に移ろうと思います。
メタルマイナスモールドとか、スチールボールを仕込む準備も済んだしね!

1ミリのマイナスモールド買ったのに、足が0.5ミリでその太さのピンバイスを持ってないから今回は使えないという間抜けっぷりww


22_20120618180453.jpg

ミサイルポッドだけスジ彫りしてみました!
初!

まぁ、いろんな作例の真似をさせて頂いたんですけど・・・(;´∀`)
いつも怖くて回避してたんですけど、おもしろかったw

ただ、斜めに行く時もジグを使おうと思った25の夜。


今日、デジカメを家に忘れてきたので、2年前のガラケー写メクオリティで申し訳ないです。

スタークさんの次はサフ後の仮組みか、完成時ですねーw


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HGUC スターク・ジェガン その5

こんな地味な作業はさっさと終わらせるに限る!

いつまで経っても次のキットにいけない・・・。

スタークジェガンも殆ど終了。
あとは細々したことが残ってるだけなので、さっくり終わらせて週明けからは塗装に入っていきたいです!

20_20120615185014.jpg

はい!
両肩のダボがなくなりました。
これで、ミサイルポッドをパージした形も出来ますね!

本当は、追加装甲をアームで挟む形になっているはずなので、パージしてもこうはならないんですけどね・・・。
さすがにそこまで再現できない(;´∀`)


21_20120615185013.jpg


それと、緩い感じのモールドを削り落として市販のマイナスモールドにしました。
あえてちょっと飛び出してる感じ。

あとはちょっとスジ彫りするかどうかぐらいで、工作は終了!
色どうするかなー。



012_20120615185013.jpg

そういえば、最近家で手持ち無沙汰なので、積んでたキットをパチ組みしてみたり。
MGとHGを並べてるのに、この差はなんだwww
なんならバインダー部分はクシャの方が高いよね。

設定的に4mぐらいの差があるとはいえ、なかなかのでかさですwww

両方とも簡単な工作だけやって、さっくり塗装したいけど・・・いつになるやら(;´∀`)


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ





HGUC 1/144 RGM-89S スタークジェガン (機動戦士ガンダムUC)HGUC 1/144 RGM-89S スタークジェガン (機動戦士ガンダムUC)
(2010/02/20)
バンダイ

商品詳細を見る

HGUC スターク・ジェガン その4

スタークさんもわざわざここに書いて説明するような作業はなくなって来たので、ちゃっちゃと細かい作業を終わらせて、来週の半ばぐらいからは塗装に入れるようにしたいな。

17_20120614174008.jpg

ミサイルポッドを接続しているダボを切り落としました。
で、ちょっと判りにくいですが、HIQ PARTSのマグネットセッターを貼り付けてあります。

この上から塗装してしまってもディテールに見えるという便利なヤツですw


18_20120614174008.jpg

ミサイルポッド側にはネオジウムを。
これで、ミサイルをパージしてしまっても不自然なダボは残らずに、あの突撃シーンを再現できます!


19_20120614174007.jpg

最終的にこんな感じで、ポリパテでダボ受け用の窪みを埋めてます。
ついでにリアアーマーの裏側も。

適当に盛ったので、汚いですが・・・(;´Д`)
頑張って整形します。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ



HGUC シナンジュ Dモード その2

最近、至る所でのプレミアムバンダイのPRバナープッシュすごくないですか?
今までこんなに見かけたかな・・・?

まぁ、それのお陰でガンダムデカールDX001の再販を知れたのでありがたいんですがw
人気商品だったみたいなので、興味ある方は早めに確保された方がいいですよ!


はい。

そんなわけで、シナンジュDモードの作業の状態。

13_20120613150319.jpg

なんとなくスタークさんと並べてみた。
連れからシナンジュでかいでかいとは聞いていたんですが、まさかここまで差があるとはwww

この2機って設定では3mぐらいしか差がないんですよ?
さすがに気持ちシナンジュ大きい過ぎでしょw

20_20120613150420.jpg

自分は先にこっちの対比を見てたので、まさかHG同士でここまで差が出るとは・・・。

ってことは、MGシナンジュ相当でかいですよねwwwww
太ももの太さがHGシナンジュの胴回りぐらいあるもんww

塗料の減りがやばそうやなぁ・・・(;´∀`)


そんなのはいいとして、

14_20120613150320.jpg

15_20120613150318.jpg

16_20120613150318.jpg

17_20120613150317.jpg

はい。

ポリパテでツインアイのベースを作る

Hアイズをベースにツインアイを作る(ここ画像撮り忘れた)

エポパテを押し付けてスペーサーを作る

Hアイズを調整しながら貼り付ける。

頭部完成。

まだなんか微妙なんで、全体の作業が進んできた頃にまた形状整えます。
てか、Hアイズデカイなwwwwww


次に、簡単そうな膝のエングレービングとの境目の伸張。

18_20120613150316.jpg

ピンを4本とも切り落とし、下に3ミリ分のプラ板を貼って延長。
ピンを完全に切り落としたので、差し込むだけになりました。

105ダガーでも使った方法なんですが、これだと何の引っ掛かりもなくなるので、最後に組む時に接着が必要になります。
作業中にスコスコ抜けてちょっとストレス溜まりますが、クリアランスとか気にせずに後ハメを楽に出来てるので我慢。

19_20120613150421.jpg

赤パーツに差し込むとこんな感じ。
これではただ伸びただけなので、隙間をプラ板やパテで埋めながらサイコフレームっぽい何かを作ります。
が、それは今度。
サイコフレームを作らなくても伸張出来る部分は先に伸張作業だけやってしまって、全体のイメージを作っていこうと思ってます。
という言い訳www


21_20120613152232.jpg

ここまでの現状。
パッと見では何もわからないなw


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

HGUC シナンジュ Dモード その1

浮気性が過ぎると思うの・・・。

スターク・ジェガンを作っている真っ只中なんですけど、その次に力を入れて作りたい物が決まったので、それの紹介をば。
鉄は熱いうちに打てって言うしねw


シナンジュ デストロイモードです。

なぜに、シナンジュのDモード?!って話なんですが、MGのシナンジュのパチ組み画像をmixiに投稿したら、連れが「で、シナンジュのDモードは?」ってコメントしてきたんですよねww
「何それ見てみたいwww言いだしっぺ頑張ってwww」って感じのリアクションをその時はとったんですけど、ヒントにって適当にサイコフレーム仕込めそうな部分を考えた落書きを描いているうちに「おれが作りたい!」って気持ちが沸々とwww

で、もうおれが作るさ!!!
ってことにしましたw

連れも頑張るのかはちょっと判りませんが(;´∀`)
それならそれで、またテイストの違う物が出来そうなので楽しみですw


自分で作るにあたって、イメージ画像を用意してみました。

12_20120611180610.jpg

カトキ氏のイラストをトレスしながら描いたんですが、どうも拙い感じになってしまった(;´Д`)
サイコフレームは他との兼ね合い的にも青かな?と思ってます。


ではでは、実際のHGUCシナンジュの画像を使いながら、改修案の説明をしようと思います。
青線が分割ラインです。


03_20120611180609.jpg

【頭部】
ひさしの上、2層になっている部分でせり上げ。
そこに出来たスペースに連動してモノアイもせり上がり、元々モノアイがあった場所にツインアイが出現。

04_20120611180608.jpg

【胸部】
赤パーツとエングレービングの境目で左右にせり出し。
さらに、青線部分に上下分割。
下半分は横に動きながら、下にも少し下がります。

05_20120611180607.jpg

【腰部】
フンドシ下部が前下にせり出し。
サイドアーマーの楕円部分が下にスライド。
フロントアーマーの突起部分が下にスライド。

06_20120611180606.jpg

【脚部】
太ももの後ろ側装甲が上にずれながらせり出し。
膝部エングレービングとの境目で伸張。
ダクトのようなパネルライン部分、脛部分で伸張。
脹脛のスラスターが大きく開く。
つま先の黒パーツと赤パーツの境目で伸張。

07_20120611180606.jpg

【肩アーマー】
胴体側上部装甲がスイングし、中からスラスターが出てくる。
下部先端側がスライド。

08_20120611180650.jpg

【腕部】
上腕外側装甲が上がりながらせり出す。
前腕の腕当てのような部分がせり出す。
袖のエングレービングとの境目で伸張。

09_20120611180649.jpg

【腰部リアアーマー】
ユニコーンのDモードと同様に開いて中からスラスター。

10_20120611180648.jpg

【フレキシブルスラスター】
本体側上部が開く。
中はファンネルラック。

11_20120611180647.jpg

【シールド】
下部とエングレービングとの境目で伸張。
隙間にIフィールド発生器。
上部のエングレービングパーツと左右の境目で扇状にスライド。
中からサイコフレームが露出。



こんな感じです。
箇条書きみたいな感じでわかりにくかったかとは思いますが・・・。
ユニコーンのデータ取りに使われていただけあって、ちょくちょくユニコーンと似た構成になっている部分もあるんですよね。
脹脛とかが判りやすいかとおもいます。


NT-Dとしてのデストロイモードではなく、逆に本来はサイコミュ兵器を搭載していないシナンジュがサイコミュ兵器を使えるようになるような設定でイメージしています。



今回の工作は、最終的に動画にしてニコニコ動画にアップしてみようと思ってるので、その時はよろしくお願いします。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ




HGUC スターク・ジェガン その3

ちょっとずつスタークさん進めてます。

09_20120609195035.jpg

The 間違い探し!

今回は地味なとこばっかりだったので、パッと見わかりませんw

10_20120609195034.jpg

真鍮線、真鍮パイプを組み合わせてアンテナ作ってみた。
初めてやったので、テンヤワンヤww

なんとなくそれっぽい感じになったでしょうか?


スターク・ジェガンって、フルアーマーみたいに追加装甲とかオプションパーツがごちゃごちゃ付いている機体なので、もっといろんな場所に「別パーツ感」がないといけないんですよね、きっと。

その中でも判りやすいのが、フロントアーマー。

14_20120609195030.jpg

赤丸部分です。
この辺は本当は3パーツぐらいから構成されてるはずなので、イラストではパネルラインくっきりなんですよ。

なので、そんな感じに掘ってみた。

12_20120609195032.jpg

ほい。

太さが2段階になるように頑張ったつもり。

15_20120609195207.jpg

これが追加装甲の展開図なんですけど、これによると胸部前面も同じ色ですけど、追加装甲なんですよ。

なので、その境目もくっきりさせてみる。

11_20120609195033.jpg

こんな感じ。
側面からぐるっと下腹部の前面も通って、反対側まで太めのスジ彫りが繋がるようにしました。
このあたりの工作は最後にスミ入れした時に効果が目に見えるんでしょうね(;´∀`)

13_20120609195031.jpg

脛の追加装甲もヒザ部分が別パーツっぽく見えるようにぐるりをスジ彫り。
凸モールドは市販パーツに置き換えました。


今回はこんな感じ。
穴あけとか、パーツ分割ラインのスジ彫りとかばっかりでした。

オリジナルのスジ彫りはまだまだ出来る気がしません・・・。


が!
気になる部分があるんですよねー。

16_20120609195206.jpg

肩の追加ミサイル。
分解図がこんな感じになるみたい。

フルコーンのページに載ってたんですけど、これ再現できたらいい感じですよね。
分割変更は無理でも、せめてそれっぽいスジ彫りで・・・。

やってみたい!
でも、スキル的に心配・・・。

今回はあっさりにしようと思ってたのに。
だだっ広い面が何箇所かあるので、どうしても気になりますよね・・・。

ま、もう少しいろいろ悩んどきますw


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ


機動戦士ガンダムUC カトキハジメ メカニカルアーカイブス (角川コミックス・エース 257-1)機動戦士ガンダムUC カトキハジメ メカニカルアーカイブス (角川コミックス・エース 257-1)
(2010/08/26)
カトキ ハジメ

商品詳細を見る

HGUC スターク・ジェガン その2

ここ最近はガンプラを中心に生活が回ってる気がする。

いかんね・・・仮にも職場でガンプラを触ってるのにw


とりあえず、現状のスタークさん。

05_20120608174818.jpg

パッと見は殆ど変化なし。
定番の凹モールドを開孔。

腕と肩の追加装甲の分を開け忘れてたので、開けときます(;´∀`)

このキット割とスタイルいいし、簡易フレームみたいなのがあって切断延長しにくいので、今回はプロポーション改修はパスw


気になる肩ミサイルのバカでかい接続ダボをなくす方法もある作例で見つけたので、頂きたいと思いますw
そういう真似って別に大丈夫なのかな?

おい!!!勝手にパクってくれたな!!(#゚Д゚)ゴルァ!!
ってならんの?

オリジナルなミキシングとかの真似は勝手にしたら怒られそうなのはわかるんやけど・・・線引きが難しいな(;´Д`)

06_20120608174817.jpg

今回触ったのはここ。

バックパック周りに手を加えました。
迫力に欠けたので、延長。
下の2本は3ミリ、上のは4ミリ延長しました。
まだ整形してないので、完全硬化した後にゴリゴリ削りますw

下の2本は回転基部とBJで接続しようか悩んでたんですが、答え出すのを忘れたままもう完全に接着しちゃったのでこのまま行きます・・・。

08_20120608180133.jpg

このシーンとか結構開いてるんですよね・・・。
これぐらい開いた方がカッコいいんですけど。

惜しいことしたな(´・ω・`)


07_20120608174816.jpg

あとは定番の肩接続部分の改修。
上を切り欠いたので、跳ね上げられるようになりました。

フタをまだ作ってないですが、最終的にはフタを塗装後に接着します。

ミサイルが付いている時はあまり意味がないですが、それをパージした後はいろいろポーズ付けやすくなると思います。


スターク・ジェガンはあとは、頭部アンテナを真鍮線で作り直すのと肩アーマーの接続方法変更ぐらいですかね。
サクサクいこうぜ!

肩アーマーをMGと同じ接続方法に変えるか、一般的な後ハメに変えるのかどうしよう。
MG式もやってみたいんですけど、面倒そうやしなぁ・・・。

どうしようか・・・。


まぁ、スタークさんはこれぐらいで。



10_20120608174815.jpg

最後に残っていた武装も組みました。
バズーカの組立方法が乗ってたガンダムUCエースをこの前古紙回収で出してしまってたので、ちょっと苦労したw

にしても、デカい武器やなぁ・・・(;´Д`)

保持出来ないじゃないか。

まぁ、かっこいいからいいかw


11_20120608174815.jpg

ビームガトリングも付けれるって書いてたので、バンシィのときに作ったのを付けてみた。

イイネ!


シナンジュは一旦MSドックに待機しておいて貰おう。


さ、スターク・ジェガン頑張るぞ!!


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ



HGUC 1/144 RGM-89S スタークジェガン (機動戦士ガンダムUC)HGUC 1/144 RGM-89S スタークジェガン (機動戦士ガンダムUC)
(2010/02/20)
バンダイ

商品詳細を見る

MG シナンジュ その1

2012.06.08 MG シナンジュ
限定版バンシィが完成してちょっと燃え尽き症候群的なところがありますが・・・頑張って積みを消化していきますよー!

ガンプラ製作復帰前は、こんな同時にMGを何体も作ることがあるとは思ってませんでした(;´Д`)
てか、復帰前はMGはパチ組みだけだったですしね。


そんなわけで!

08_20120608103055.jpg

シナンジュ組み終わりました!

バンシィのパーツ数に比べたら可愛いもんですよw
バーニアとエネルギーパイプぐらいですかね・・・面倒だったのは。

にしても、ゴツい!

07_20120608103051.jpg

背の高さはほぼ同じなのに、ここまで印象が違うか・・・。
アニメ版バンシィならアームド・アーマーが付いてる分、正面からの雰囲気は同じぐらいになりそうですが。
でも、前後幅が全然違う!!
フレキシブルバインダーかっこいいですけど、この奥行きは置く場所に困るレベルwww


それで、組んでる途中に、指先のパーツを失くしました(;´Д`)

「すげぇ!指先動くやん!!!でも、これ絶対失くす奴おるなwwwwwww」って思ってたら、自分が失くした・・・・・m9(^Д^)プギャー

しかし!
慌てず騒がず、おゆまるとエポパテで複製しました。

05_20120608103053.jpg

保険として、残ってる分を全部型取り。

06_20120608103052.jpg

1日待って完全硬化したのをチマチマ整形しました。
気泡で少し欠けてますが、いいよ・・・もう・・・。
見えにくい側やし。

差し込む部分が割りと薄いので、折れるかと思いましたがとりあえずは大丈夫そうです。
ま、まだ2個予備があるので、折れた時はまた整形して使うさ!


09_20120608103050.jpg

顔のみ改修済み。
もう少し考えますけど。

フェイスパーツのフレームみたいなのを切り落として、モノアイの見える範囲を確保。
スリットも下部を削って少し太くしました。

モノアイはアドラーズネストのカメラアイSSとHアイズに置き換え。

02_20120608103054.jpg

こんな感じね。

上側が少し干渉するので、ヘルメットみたいなフレームパーツの淵内側を少し削ってます。

それだけ!!
超お手軽加工なので、オススメですよ。
モノアイはHアイズじゃなくてHiQ PARTSのVCドームでもよかったかも(;´∀`)


シナンジュに関しては、そんな改修とかする予定はないです。
スラスターもメタルパーツに置き換えたらエラい金額になるので、今回はパス。
塗装でメタル感が出るように頑張ります。

まだ武装は組んでませんが、ビームライフルのセンサーもモノアイと同じような置き換えをしようかと思ってます。

塗装に関しては、シナンジュはメタリック塗装が映える機体ですが、あまり好きではない(自分の作品としてメタリック塗装を見るのが)ので、普通につや消し赤にしようと思ってます。
塗料の減りがエグそうね・・・。

エングレービングの色は、シルバーの上からオレンジ寄りに振ったクリアーイエローでカトキイラストの色に近づけようと考え中。

さてさて、どうなるやら・・・。

まぁ、その前にスターク・ジェガンですけどねw


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ



MG 1/100 MSN-06S シナンジュVer.Ka (機動戦士ガンダムUC)MG 1/100 MSN-06S シナンジュVer.Ka (機動戦士ガンダムUC)
(2008/12/27)
バンダイ

商品詳細を見る

MG バンシィ小説版最終決戦仕様 その17

ギャラリーページをアップしました!

63_20120606150038.jpg

上の画像をクリックするとページへジャンプします。
カラーレシピや改修部分もそちらにまとめてありますので!


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ


【ホビーオンラインショップ限定】MG 1/100 小説版ユニコーンガンダム2号機バンシィVer.Ka 最終決戦仕様 《プラモデル》【ホビーオンラインショップ限定】MG 1/100 小説版ユニコーンガンダム2号機バンシィVer.Ka 最終決戦仕様 《プラモデル》
()
MG(マスターグレード)

商品詳細を見る

MG バンシィ小説版最終決戦仕様 その16

デカールも終わりました!!!

疲れた・・・。

最後の方、どれが何番かわかりにくくなってきて辛かった。


45_20120605193009.jpg

Dモード!
配色はカトキハジメメカニカルアーカイブスを参考に、ツノのブロックも金のままです。
いつもはざっくりデカールの枚数を数えるんですが、今回はそれすらしんどい・・・。

武器まで入れたら200ぐらいになるのかな?(;´Д`)


46_20120605193008.jpg

Uモード!

Uモードはバズーカが似合うと思う。
ビームマグナムの方が好きですがねーw


ちゃんとした撮影は、明日アクションベースを組んでから様子みて行いたいと思います。



で、通常版。
タイトルの通し番号どうしようか悩んだんですけど、切ったりせずにこのまま続けていくことにしました。
ややこしいかと思いますが、よろしくお願いします。


14_20120605193006.jpg

昨日の作業の続き。

やっぱりさらに段差つけました。
斜めに削れてる部分の成形が大変・・・。
パテで修正しながら頑張ります。

あと、上腕を胴体側に1ミリ太くしました。
外側は触ってないので、アシンメトリーになりますが、そんなに違和感は無いかと思います。
てか、外側に太くすると、Uモードのときにビームサーベルラックと干渉するのよ・・・。

これも面構成をパテで弄らないとあかんので、頑張る。


この2つの作業、まだ左腕分しか終わってないwwww
探りながら作業したので、めっちゃ時間かかりましたけど、反対側は同じ作業をするだけなのでさっくりいけるさ!
そうであって欲しい・・・(;´Д`)


13_20120605193007.jpg

頭部も改修。
定番のアゴの大型化。
大型化ってか、伸びただけw

あと、コンバージくんのとんがりっぷりがかっこよかったので、Dモード時の頬あてを伸ばしました。
小さいから加工が大変・・・。

スジボリの延長が必要なんですけど、出来るのかな(;´∀`)


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

MG バンシィ小説版最終決戦仕様 その15

いよいよ、今週ガンダムUC ep5のBD発売ですよ!

楽しみすなぁ(*´Д`)ハァハァ
すでに3回見ましたが、きっとまた軽くセリフ覚えるぐらいみるんでしょうね・・・(;^ω^)


43_20120604192839.jpg

いつもいつも、何の代わり映えもない画像を・・・ッ!
いや・・・じわじわデカール進んでるんですよ?

残すは右脚のみになりましたしね。
それがまだまだ多いんですけど。

なんか、左肩のバリエーションとは関係ないデカールも余ってるんですけど、貼り忘れてるんですかね・・・?
何回説明書見てもその番号たちは書いてないんですが(;´Д`)

大丈夫なんだろうか・・・。


44_20120604192838.jpg

盗撮みたいになったw

Dモードの後ろ姿初公開。
メタルスラスター効いてますね。

この角度いいなw



で、向こうにチラッと写り込んでる通常版。

久しぶりの登場ですw

11_20120604192837.jpg

判りにくいですが、肩アーマーに段差をつけました。
この後上の段胴体側にもプラ板貼ります。

この段差加工は前からやってみたかったんですよ。
で、この前のコンバージくんの肩部分が良い感じの構成になってたので、真似てみました。

12_20120604192836.jpg

これね。

もっとメリハリつけて段差つけてもよかったかな・・・と少し思ってます(;´∀`)

限定版は分割線をまたぐデカールがあるのがわかってたので、この加工は避けたのです。
通常版はそういう感じのデカールデザインじゃなかったのでやってみた。

他にも同じような段差加工が有効そうな部分がありそうなので、コンバージくん見たり他の方の作例を参考にさせてもらいながら吟味しようと思います。

あとどうしてもやりたいのは上腕を太くする加工ですかねー。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ




MG バンシィ小説版最終決戦仕様 その14

貼っても貼っても終わらないデカール・・・。


04_20120602190800.jpg

?!


これは完全に萌え袖ですわ。

マニピュレーターをまだ組んでないので、余計にそう見えますねw
というか、肘動き過ぎやろwwwwwwww

まさかここまで肘畳めるとは・・・。

シナンジュ、恐ろしい子ッ!



はい。


41_20120602190759.jpg

もう、我慢しきれずにDモードにしてみたw
デカールももう脚部以外は貼り終えました。
が、ここからが長い。
残ってる枚数がおかしいのよ・・・orz

決定的な短縮加工をしたわけではないですが、脚長感はあまり感じられないかと思います。
つま先を伸ばしたのも視覚効果的に意味があったかな。

42_20120602190759.jpg

Dモードになると肩のマークが割れるってのも憎いですよね( ̄ー ̄)ニヤリ

もうちょっとやし、頑張ろう・・・。


これが終わったら、バンシィ通常版の加工の続きとスターク・ジェガンです。
シナンジュは気分転換がてらに。



ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ

MG バンシィ小説版最終決戦仕様 その13

これは間違いなく新手の拷問w

いや、自分で喜んでやってるので、拷問でもなんでもないんですけど。
それにしても、Ver.Kaのデカール貼りは地獄・・・。

細かい作業は割りと好きな方ですけど、さすがにこれは無理www


ぶっ通し5時間が限界でした。

40_20120601162415.jpg

ここまで。

うん。

サイコフレームがいい色出てる( ̄ー ̄)ニヤリ

ほんの一部ですけど、初めてDモードにしてみた。
思った以上に感動したwww

早く全身Dモードにしたいぜ!!

あ、判りにくいですけど、金のパーツのみハルレッド+レッドでスミ入れしました。


38_20120601162452.jpg

THE 生首。

ゲート部分をリタッチしないとダメですね、これは。
カメラアイの周りの黒は、エナメルのフラットブラックを塗って、目のとこだけ拭き取りました。

シナンジュのエングレービングもこの要領で行こう。
今回は筆塗りでしたけど、その時はエアブラシで吹かないとですな。
エナメル塗料は吹いたことないんやけど、大丈夫なんかな?


37_20120601162414.jpg

サイコフレームを塗った塗料にはガッツリ蛍光塗料を混ぜたから、ブラックライトを当てると光ると思うんですけど、いかんせんブラックライトを持ってないwww
なんか、百均でも手に入るみたいなことを聞いた事があるので、今度時間あるときにでも探してみるかね。


ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ




わざわざ限定版を買う理由の殆どが金箔デカールだと思ってたんですけど、金箔デカールは800円+送料で部品請求出来るんですって、奥様!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。